カップ麺を酢醤油で食う 日清麺職人 - 無才能宣言

カップ麺を酢醤油で食う 日清麺職人

カップ麺はいちど食べると飽きてしまう。工業的な均一性を備えているがゆえにスープの味がファジィではないからだ。ラーメン専門店のスープが飽きないのはファジィであるからだ。おれの持論である。

幸いなことに日本のインスタント麺の技術はすばらしい。「まるで生めん」の宣伝文句にいつわりなし。麺はファジィである必要はない。うまい麺というのは工業的にコンスタントでありアブソリュートであるからだ。

従来の食べ方に飽きてしまったので、おれは工夫する。麺はうまいのだから、麺だけを食えば良いのだ。

前回は、担々麺のカップ麺で試した。結果はイマイチだった。

マルちゃん「麺づくり 担々麺」で汁なしのまぜそばを作る – 無才能宣言

満足できなかった。添付しているスープの素を使ったのが敗因である。

麺職人を「冷やし中華」みたいに

日清麺職人の麺だけ
ざるラーメンのイメージである。カップ麺のフタに「湯切り細工」を加える方法については、前述した「まぜそば」記事にくわしく書いた。参考にしてほしい。

「かやく(ドライねぎ、チャーシュ片など)」を加えたあとに熱湯をいれて4分待つ。ここまでは従来どおりの調理法である。

添付スープは使わない。4分のあいだに、冷やし中華っぽいタレを用意する。醤油とすし酢で代用した。配合はテキトーである。

酢醤油のつけダレ

我が家には冷蔵庫がない。市販のドレッシング瓶は保存できないから買わない。千切りキャベツを食いたいときに、すし酢と醤油を混ぜあわせてドレッシングの代用としている。シンプルでうまい。

4分たったら湯切りする。今回は、湯切りした麺を一度だけ水ですすいでみた。麺を冷ますためである。

つけ麺ってあるでしょう。おれは好まない。なぜなら「温かいつけ汁(つゆ)」を出す店が多いからである。やめてほしい。温かいラーメンが食いたければ普通のラーメンを食うよ。冷たいラーメンを食べたいから「麺」と「つけ汁(つゆ)」が別々になっているものを求めてわざわざやって来てんだよ。ガッカリだよ。

つけ麺なんて大袈裟なものはおれには必要ない。スガキヤのフードコート店で売っている「ざるラーメン」(400円)で十分である。冷たい麺と冷たいごまだれの相性の良いことと言ったら、もう……。

実食 日清麺職人のつけ麺アレンジ

ファーストインプレッション。ひとくち食べる。むせた。酢がききすぎる。味は悪くない。

冷やし中華のタレというよりも酢醤油である。むせずに食べる方法がある。むせるのは「すすったとき」に酢酸と空気がまざりあった気化した何かが咽喉を刺激するからである。できるだけ空気を吸い込まないように上唇と下唇をきつく閉じて麺をチュルチュル吸い込んでいけば、むせずに食える。

ひとつ改善点あり。麺がくっついてからまってしまう。箸でつまんだときに適量の麺をたぐることができない。パスタの要領でオリーブオイルを麺にからめてまぜまぜしてみた。時すでに遅し。改善は見られなかった。

世のつけ麺が「太麺」である理由は、麺同士がくっつきにくい(離れやすい)からであろう。日清麺職人のそれは細い。今度食べるときまでに対策を練っておきたい。なるべく潤滑油は使いたくない。手でもみ洗いすれば効果があるだろうか。

【Sponsored Links】