// プレビュー画面で非表示にするコード

感想『Rappers ラッパーズ ハム&チーズ』を食べた。丸大食品のブリトーシリーズ

2018年4月7日

マツコ・デラックスが「セブンイレブンのブリトーが好き」と言っていた。おれは無性にブリトーが食べたくなった。

近所のセブンはビミョーに遠い。行きつけのマーケットでブリトーっぽいものを見つけた。迷わずに買った。税抜き158円。

ラッパーズ ハム&チーズ パッケージ

取説によれば、お皿がいらない。ハサミや包丁でパッケージ袋の端っこを切り離して、袋に入れたまま調理できる。電子レンジ(500W)で50秒温めるだけ。おれは1分間あたためた。我が家の電子レンジが5千円台の安物だからである。いつも温め足りない。

ラッパーズ ハム&チーズ 中身1

味の感想。うまい。

ラッパーズ ハム&チーズ 断面図

この写真は、丸大食品『Rappers ラッパーズ』をナイフで切断したもの。

チーズは「とろ~り」と伸びるタイプではない。「濃いめのホワイトソース」のような粘度である。さらっとしている。ハムは、原材料表示によれば「チョップドハム」を使用している。脂の少ないベーコンっぽい食感。ジャンキーな風味。

具材は、両端のすみずみにまで詰まっている。トルティーヤ(クレープみたいなもの)の材料は小麦粉である。トルティーヤで具材を包んだものを「ブリトー」というらしい。マーケットの売り場にはソーセージを包んだタイプもあった。

うまい。食べごたえもある。ただし、食事のメインとしては物足りない。パスタのお供にするなど、サイドメニューの1品として使える。スナック(おやつ)向きである。おれはビールのおつまみにした。

ラッパーズ ハム&チーズ 中身2

レンチンしたあとパッケージから取り出して、熱々のものを手づかみで食べられる工夫がしてある。中敷きペーパーを折りたたむことによって、お皿を用意しなくても食べられる。

電子レンジ対応の「脱酵素剤」を封入している

ラッパーズ ハム&チーズ 脱酵素剤

ブリトー(トルティーヤ)の片面には「脱酵素剤」がひっついているはず。これは「電子レンジ加熱に対応」なので、レンチンのときに取り出さなくてもいい。便利である。品名「エージレス」三菱ガス化学。