【2ヶ月目】OCNモバイルONE 500Kbpsコースを使用した感想

2016年5月3日

とりあえず、3ヶ月目も使うことにした。他プランと比べたとき、500kbpsプランのほうがお得であると判断したからだ。

【前月までの感想】
【1ヶ月目】OCNモバイルONE 500Kbpsコースを使用した感想 – 無才能宣言

契約を継続するものの、500kbpsプランを使っていて「困るなー」と思うところもある。

SIMを差しているモバイルルーター

Pocket WiFi GL02P
※イー・モバイル時代のものを流用している

使用機種は前月と変わらず。

価格.com – ワイモバイル Pocket WiFi LTE GL02P [ホワイト] 価格比較

データ通信専用SIMカード

500kbpsコース(15GB/月)
1,800円(税込1,944円)
※500MB×当月の日数

データ専用SIM 料金 | OCN モバイル ONE

数ヶ月のあいだ、OCNモバイルワンの110MB/日プランを利用していたことがある。

2016年4月の通信量

約12GBを使用して、未使用の通信量は3GBだった。

2016年4月の使用感

前月は15GBを使い切れなかったので、今月は意識してYouTubeをよく使った。低画質モードならば問題なく視聴できた。安定している。モバイルONEの500kbpsプランが「動画視聴プラン」であると言われているゆえんだ。

おれの場合は「アニメOP/EDまとめ」「レトロゲームのプレイ動画」や「作業用BGM」を視聴することが多い。

30分の動画(144pモード) = 約60MB

一方、検索エンジンで調べ物をしたり、ブログやニュースサイトにアクセスするときには、イライラすることが多かった。

たとえば、検索エンジンで記事タイトルをクリック(タップ)したあと、目的のページの読み込みが完全に終わるまで10秒以上かかることが多い。画像が多かったりJavascriptの処理が重いウェブサイトでは、完全に表示されるまで1分以上を要することがある。

つながりにくいときの対処法

10秒以上かかって表示されなければ、さっさと「あとでフォルダ」にブックマークする。そのあと、通信状況の良いとき、あるいは、マクドナルドなどの公衆無線LANがあるところで、まとめて閲覧するようにしている。

PCブラウザにおけるDNSエラーの発生も多い。10回検索したら平均して3回はDNSエラーになる。そういうときはブラウザをリロード(F5)する。もう慣れてしまったが、OCNは改善すべきだと思う。

特に、2~3年前に発売されたタブレットではCPUやメモリが劣るせいか、PCブラウザに比べて、表示されるまでの時間がさらに遅い。おれは「iPad mini2 (Retina第2世代)」を使用しているが、OCNモバイルONEの500kbpsプランを使うには難がある性能だ。

仕方がないので、iOS9から実装されたコンテンツブロック機能を利用して「アドブロック(広告非表示)」と「画像の非表示」をおこなっている。

Adblock Plus (ABP)(iOSアプリ)

ImageBlocker(iOSアプリ)

どちらも無料だ。画像が見れなくなるという欠点はあるものの、ウェブブラウジングが快適になる。アプリインストール前に10秒かかっていた表示速度が3秒~5秒ほどに短縮された。

2016年4月の実測値

OCNモバイルONE 500Kbps 2016年4月のスピードテスト結果
石川県金沢市。自宅や市街地にて。

計測地点はバラバラ。屋内であったり屋外であったり。自宅であったりショッピングセンターの1階であったり2階であったり。

最低ダウンロード速度値 0.39Mbps
最高ダウンロード速度値 0.60Mbps
平均ダウンロード速度値 0.50Mbps

平均で500kbpsが出ているわけだが、その恩恵が受けられるのは動画視聴の場合であって、テキストや画像などのウェブサイト閲覧のときには快適とは言えない。そうは言っても1日500MBのデータ容量を使えるのが心強いことは確かだ。おれがOCNモバイルONEを離れられない理由である。

電子メール・Facebookは快適に使える。Twitterはツイート投稿やタイムライン閲覧は快適に使える。Twitterアプリ内蔵ウェブブラウザは500kbpsプランでは使いものにならないので注意。LINEは使っていないので不明。

最低PING値 294ms
最高PING値 110ms
平均PING値 175ms
※PINGは反応速度なので小さいほど速い。

2016年4月の総評

我が家には固定インターネット回線がない。だから月2000円の料金で15GB使える500kbpsプランから離れられない。

OCNモバイルONE 500Kbps 2016年4月の日別データ使用量グラフ

タブレットのアプリ更新、ウェブ漫画サイトの閲覧、、Kindleストアの電子書籍ダウンロード、Windowsの定期更新など、高速インターネット回線が必要なときには、公衆無線LANを利用している。月額362円(税抜き)のWi2 300が便利だ。全国チェーンのカフェやファストフード店などで使える。

公衆無線LANを利用するときのセキュリティ対策(VPN)については、1ヶ月目の記事→ 【1ヶ月目】OCNモバイルONE 500Kbpsコースを使用した感想 にて推奨サービスを紹介している。以上。

スポンサーリンク