【写真】食べた感想 マルちゃんみそ煮込みうどん

結論

うまかった。本場の味噌煮込みうどんを食ったことがないけれど、カップ麺としての評価は高得点である。おれは「どん兵衛」派であり、どん兵衛「きつねうどん」以外のカップうどんはあまり認めていないのだが、マルちゃん「みそ煮込みうどん」は認めてやってもいい。

マルちゃん味噌煮込みうどん

キャッチフレーズは「名古屋の味」。本来は名古屋限定らしいが、石川県内で営業しているアピタにも売っていた。さすが愛知県の資本である。

開封の儀「マルちゃんみそ煮込みうどん」

マルちゃん味噌煮込みうどん
袋は3つ。調味料は4種類(かやく、粉末スープ、液体スープ、七味唐辛子)。

マルちゃん味噌煮込みうどん
具材は「乾燥たまご」と「乾燥かまぼこの薄切り」と「鶏肉片(味付チキンダイス)」だ。かやく袋のなかには「乾燥ねぎ」と「乾燥油揚げの切れ端」が封入されていた。

カップみそ煮込みうどん | 商品情報 – 東洋水産株式会社

液体スープは「後入れ」方式だ。かやくと粉末スープをカップのなかにぶちまけて、さらに熱湯を注ぎこむ。

マルちゃん味噌煮込みうどん
指定の調理時間は5分だ。後入れスープ(みそ)をフタの上に載せてすこしでも温めておく。

マルちゃん味噌煮込みうどん
5分が経過したのでフタをめくる。食べる直前に入れるという「後入れスープ(みそ)」を投入。みそだけを舐めてみたところ、まさに「赤だし」の味がした。

マルちゃん味噌煮込みうどん
かき混ぜたら完成。みそスープなので衣服に跳びはねないように気をつけたい。

実食「マルちゃんみそ煮込みうどん」

スープの味は、ほろ苦くて酸味がある。「うまみ」よりも苦味と酸味がまさっているので大人向けの味わいと言える。ほろ苦いのが旨いのである。

ビールでたとえよう。「マルちゃん赤いきつねうどん」のスープが「キリン一番搾り」。一方の「マルちゃんみそ煮込みうどん」は「キリンラガービール」である。

おれはラガービールのほうを好むので、すなわち「マルちゃんみそ煮込みうどん」のほろ苦さを気に入っている。白飯やおにぎりのお供として「赤だしの味噌汁」代わりにも使えると思う。

スープの舌ざわりは、味噌煮込みうどんを再現した「ねっとり」したものに仕上がっている。カレーうどんのスープと同様だ。くせになるほろ苦さであり、ぜんぶ飲み干したくなった。塩分は濃い目に感じた。

スポンサーリンク