候補作を検討するまえにそもそも投票するかどうかについて悩んでいる / 第4回 『このセルフパブリッシングがすごい!』 アンケート

この記事は約7分で読めます。

さっぱりわからない

あまりにも「さっぱり」わからないので、大根おろしを加えたら豚しゃぶのタレにできる。

このセルフパブリッシングがすごい! | Official Website

セルフパブパブリッシング。とは何か?

EPUBベースの電子書籍。小説、まんが、フィクション、ノンフィクションを問わず。

記名で投票する。持ち点は、55ポイント。
例:第1位(10pt)…第2位(9pt)……第9位(2pt)…第10位(1pt)
※すべて1位にしても配点ルールは同じ。
例:第1位(10pt)…第1位(9pt)……第1位(2pt)…第1位(1pt)
このセルフパブリッシングがすごい!記名アンケート

匿名で投票する。持ち点は、10ポイント。
例:第1位(1pt)…第2位(1pt)……第9位(1pt)…第10位(1pt)
※カドが立つのはイヤだが、作品に優劣をつけたアンケート結果を表明したいとき等。
このセルフパブリッシングがすごい!無記名アンケート

投票ページ。いわゆる「レギュレーション」すなわち「投票ルール」が書いてある。

いっぱい書いてある。読んでいるうちに「うわあああああああああ」ってなる。

おれはなにをどのように判断して投票すればいいのか。さっぱりわからない。

このランキングに意義はあるのか?

過去の投票で「殿堂入りベストテン」に入った作品はランキングに集計されないのでご注意ください(投票自体は可能)

投票というものは「いちばんに目立たせたい」「ランキング上位に当選させたい」という気持ちからおこなわれる。

『このセルフパブリッシングがすごい!』は国政選挙ではないから、時には「選挙運動」が無制限・無制約におこなわれる。つまり、その気になればランキング結果をコントロールするのは容易い。

でもやっぱり国政選挙ではないのだから、だれの何というセルフパブリッシング作品がランキング1位や2位になろうとも、「投票対象であるにもかかわらずトップ10から漏れてしまったセルフパブリッシング作者たち」の創作活動や実生活になにか深刻な不利益をもたらすことはない。

『このセルフパブリッシングがすごい!』に関しておこなわれる選挙運動に実害はない。

「総意」を募った結果としてのランキング(序列)
「選挙運動」の結果としてのランキング(序列)

『このセルフパブリッシングがすごい!』のレギュレーションに基づいて形成されるランキングは、ふたつの勢力による意志と思惑がぐちゃぐちゃに混ざり合った結果になる。そもそも選挙とはそういうものである。

なにも考えずに投票すれば良い、ということだ。しつこく推したければ「過去にベスト10にランクインした(殿堂入り)作品」に投票するもよし。選挙運動するもよし。

あたりまえのことを長々と書いてしまった。書いているおれも何を書いているのかよくわかっていないが、ここまで書いたおかげで思考を整理することができた。

第4回『このセルフパブリッシングがすごい!』

ことしで4回目。ということか。

そもそも、おれは過去に投票したことがあるのだろうか? あるような。無いような。さだかではない。

類似企画に投票したような気もする。ぱぶにゃん。どこへ行った? なぜ吠えないのか? もしかして死んだ? かわいそうに。

いずれにしても。せっかく参加するならば、おなじ作品に票を投じるのは芸がない。これが国政選挙や秋元康プロデュースのアイドル総選挙とはおおきく異なるところである。おもしろい。

『このセルフパブリッシングがすごい!』第1回~第3回のいずれかに投票したことがあるような気がする。とりあえず調べなければ。バックナンバーの目次を見なければいけない。めんどうくさーい。

第1回の思い出


このセルフパブリッシングがすごい! 2016年版

不参加だった。
2016年。おれが福岡県から石川県に舞い戻った2年目である。すべてが最悪だった。

第1回 ランクイン作品
1 山彦 ヤマダマコト
2 リーディング・ナイフ 山田佳江
3 東京フラッパーガール 杉浦絵里衣
4 真論君家の猫 牛野小雪
5 少女幻想譚 伊藤なむあひ
5 Point Kill G [完全版] 夏居暑
5 がらくた少女と人喰い煙突 矢樹純
5 ダイヤモンドダスト ―灰になった宝物― 弥生肇
9 夏の魔物: Out of Standard 王木亡一朗
9 わたしと!あなたの?声春ラジオ!? 十千しゃなお

第2回の思い出


このセルフパブリッシングがすごい! 2018年版

参加していた。
おれが投票した作品はつぎのとおり。

1 エバーホワイト 牛野小雪
2 潜入日記 The Diary of an Undercover Detective 秋元カズヤ
3 そせじ 山野一
4 ライフ 如月恭介
5 自衛隊のごはん陸海空統合版 廣川ヒロト

2018年。ひどい年末年始だった。
しかしながら乃木坂46の良さを個人的に発見したのも2018年の年末だった。
名曲『インフルエンサー』の公式PV貼っておきますね。

第2回 ランクイン作品
1 カドルステイト物語 守下尚暉
2 金色天化 ヤマダマコト
3 またあした ~ユーモア・ミステリー~ 松原吉田
4 桜七 小野寺秀樹
5 エバーホワイト 牛野小雪
6 オルガニゼイション ディスチャージ・ディストーション 波野發作
7 神様とゆく!11泊12日小説を救うための読書の旅 弍杏
8 Lost in Conversation 王木亡一朗
9 チョコレートの天使 赤井五郎
9 星に(なって)願いを 伊藤なむあひ
9 大四国戦線 折羽ル子
9 ボタニカルアリス 山田佳江

第3回の思い出


このセルフパブリッシングがすごい! 2019年版

不参加。2019年6月に福岡市にふたたび引っ越してきた。最高の年である。

第3回 ランクイン作品
1 東京死体ランド 伊藤なむあひ
2 燼(うずみび) 市川イチ
3 ラブコメディ 藍田ウメル
4 サークルクラッシャー麻紀 佐川恭一
5 逆さの月 杜昌彦
5 超感覚少女ミサキ:きみのこころが聞こえる 山田佳江
7 ブレイブガールスープレックス 小林アヲイ
8 行き先はきくな くみた柑
9 舞台女優 斎堂琴湖
10 バカとバカンス 天王丸景虎

今回は投票することに決めた

投票するために、牛野小雪『ターンワールド』を再読する。これはモラトリアム小説であり、まさにおれのような人間を書いた小説である。たしか2015年の春か夏か秋ごろに読んで、自分のことが書いてある! もしかして徳島県から遠隔盗撮されてる!? などと感銘を受けた。いつか投票したいと考えていたが、なにせ本編が長いというか膨大なので再読をためらっていた。

おなじく投票するために、糸魚川鋼二『黒春』を再読する。ただ、ただ、優れている。愛読者のあいだでは『黒い金八』とも称される。とはいえ、本家の金八先生も、じゅうぶんに「黒い」。性同一性障害やら覚せい剤やら知的障害児やら発達障害ギリギリやら。偉大なり小山内美江子。まだ生きてる。橋田寿賀子も九十代に到達してなお健在。向田邦子も航空機事故がなければ長生きしていたかもしれない。

おなじく投票するために、王木亡一朗の全作品をざっと再読する。精読しないのは、おれは王木作品のことをいまだによくわからないからだ。やたらおれ好みの文章や筋運びであり興味ぶかいのはわかっている。精読しはじめると投票の受付期間(2019年10月1日~2019年10月31日)にまにあわない。なんとなく再読したのち、ひとつだけ厳選する。

おなじく投票するために、秋元カズヤの全作品をざっと再読する。長編短篇あわせて90作品を超える。うへえ。精読しないのはそれもあるが、王木作品とおなじ理由である。おもしろく卓越しているのはわかっているが、いまいちつかみどころがない。企てが高度すぎるとも感じる。よくわからないものを語ろうとするのは消耗する。受付期間に追われるのではなく、時間を気にせずにじっくりと玩味したい作者である。

と、このようにKindleストアのハイパーリンク付きで宣言ブログを書くことも、ある種の「選挙運動」だ。

ほかにも投票すべきセルフパブリッシング作者がいるはずだが、よくわからない。思い出したら再読する。

投票受付の最終日まであと12日