// プレビュー画面で非表示にするコード

KDP本がブロックされた(されそうな)時に使えるかもしれないAmazon様とのお手紙テンプレート

2017年6月7日

要点まとめ

◆パブリックドメインの「初版出版日」「著者死亡日」の証明は、WikipediaのURLでも認められる。

パブリックドメインを底本にした翻訳コンテンツは、著作権(出版権)所在確認を求められることがある。
そのうえ、KDPセレクト(Kindle-Uunlimited)の適用条件を満たしていないコンテンツと見なされて、出版保留の要因になることがある。

◆パブリックドメインを底本にした翻訳コンテンツについて、Kindleストアの出版登録を確かなものにしたければ、はじめは「非セレクト(ロイヤリティ35%)」に設定したほうが安全かもしれない。(Amazonと交渉するのは後回し)

重要!

「自分が著作権ならびに出版権を所有している」「日本の著作権を遵守しており、他者の著作権や出版権を侵害していない」という事実を、Amazon宛てのメールにおいて、しつこいくらい主張・明記したほうがいい。

【1通目】Amazon→忌川タツヤ

※2017年1月~3月ごろの記録です

Amazon KDPをご利用いただき、ありがとうございます。

Amazonでは著作権を最も重視しており、著者や著作権保持者が所有する本を、第三者が販売しようとしているのではないことを確認させていただく必要がございます。お客様の本を出版するために、出版権を確認できる書類を5日以内にお送りください。

女生徒リライト 2015 by 忌川タツヤ (AUTHOR); 太宰治 (AUTHOR); いらすとや (ILLUSTRATOR) (ID:8123924)

確認に必要な書類とは、次のようなものです。

– お客様が出版権を保持していることを確認できる、著者または出版者との契約書または声明書
– 著者または代理人の公式なウェブサイトに記載されているEメールアドレスからのEメール
– ペンネームを使用している著者の場合は、ペンネームの使用に関する著作権登録証または声明書

電子的な出版権を保有していない本を出版された場合は、アカウントを停止させていただく場合がございます。

【1通目への返信】なし

面倒だったので、返信しなかった。
販売停止になってしまった。

その後、Amazonに対して「『女生徒リライト』の販売開始をしたい」という旨の文章を、KDP管理画面のお問い合わせフォームから送信した。

メールフォームの内容

件名: ブロック解除を申請します

ASIN:
B01LWVJKNW

これはパブリックドメインを翻案したものであり、
翻案作品は、わたしに著作権があります。
よろしくお願い致します。

【2通目】Amazon→忌川タツヤ

Kindle ダイレクト・パブリッシングにお問い合わせいただきありがとうございます。
以下の本についてご連絡をいただきまして、誠にありがとうございます。

女生徒リライト 2015 (ID: 8123924)

パブリック ドメインのステータスを確認するための情報をご提供いただきましたが、以下の情報が 1 つ以上不足しています。
– すべての著者とその死亡日を確認できる URL
– すべての翻訳者とその死亡日を確認できる URL
– 作品の初版出版日を確認できる URL
– 翻訳版の作品の初版出版日を確認できる URL

この情報を content-review@amazon.co.jp まで返信してください。お客様の本の出版について検討させていただきます。このメールにご返信いただけない場合、お客様の本は Kindle ストアで販売できませんので、お手数ですがご協力をお願いいたします。

【2通目への返信メール】忌川タツヤ→Amazon

Amazon.co.jp カスタマーサービス ●● 様

ご指摘いただいた「不足していた情報」をお知らせします。

> – すべての著者とその死亡日を確認できる URL
・太宰治
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E5%AE%B0%E6%B2%BB

> – 作品の初版出版日を確認できる URL
・女生徒
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E7%94%9F%E5%BE%92

> – すべての翻訳者とその死亡日を確認できる URL
> – 翻訳版の作品の初版出版日を確認できる URL
日本語で書かれたパブリックドメインである『女生徒』に、
わたくし忌川タツヤが日本語を書き加えた『女生徒リライト 2015 (ID: 8123924)』は、
日本語作品なので、翻訳者は存在しません。

先だっての問い合わせメールでは、
日本語のパブリックドメイン作品に対して、日本語を新たに加筆することを「翻案」と表現しました。
誤解をまねく表現であったかもしれず、ご面倒とお手数をおかけしました。

『女生徒リライト 2015 (ID: 8123924)』は、わたくし忌川タツヤが、
パブリックドメインである『女生徒』の内容に対して、忌川タツヤの文章を新たに書き加えたものです。
すなわち、『女生徒リライト 2015 (ID: 8123924)』の著作権者は、わたくし忌川タツヤです。

ちなみに、『女生徒リライト 2015 (ID: 8123924)』の表紙に使用しているイラストは、
イラストの著作権者である「みふねたかし(いらすとや)」様が定めた利用規約に則った利用をおこなっています。

女生徒リライト2015 いらすとや

・『女生徒リライト 2015 (ID: 8123924)』の表紙画像に使用しているイラスト
http://www.irasutoya.com/2015/09/blog-post_852.html

・みふねたかし(いらすとや)が定めている利用規約
http://www.irasutoya.com/p/terms.html

忌川タツヤが作成して、忌川タツヤが販売申請をおこなった『女生徒リライト 2015 (ID: 8123924)』というコンテンツは、
「太宰治」様およびイラストの著作権者である「みふねたかし(いらすとや)」様の著作権を侵害していません。
すなわち『女生徒リライト 2015 (ID: 8123924)』は、わたくし忌川タツヤが、日本国の著作権法を遵守したうえで作成と販売申請をおこなった著作物です。

わたくし忌川タツヤは、
『女生徒リライト 2015 (ID: 8123924)』において、「みふねたかし(いらすとや)」様が保有する著作権を侵害していませんが、
kindleストア販売ページにおいて「いらすとや(イラスト)」という著作者表示が、
「Amazon利用者に対して誤解をまねきかねない」という懸念があるようでしたら、
該当箇所を、再申請時に訂正(表記の削除)をします。

なお、申請したコンテンツ内容にパブリックドメインが含まれる場合に「ロイヤリティ70%」での登録申請が認められないのであれば、
申請内容を訂正して、あらためて「ロイヤリティ35%」で再申請をおこないたいと考えています。

よろしくお願い致します。

結果

販売再開することができた。


女生徒リライト 2015 | Kindleストア

2往復のメールのやりとりを経て、販売停止(ブロック状態)になっていた『女生徒リライト 2015』のKindleストア販売ページが、ふたたび表示されるようになった。

釈明メールを送信してから12時間後に、KDPから「提出された本がKindleストアで出版されました」メールが届いた。

文面が「長ったらしい」「冗長」になってしまったが、わざと丁寧に、直訳っぽく説明したのである。
太宰治が故人でありパブリックドメインであることは出版にかかわる者にとっては常識の範疇だが、太宰治のことを全く知らない異星人に理解してもらうつもりで書いた。

『女生徒リライト 2015』の場合、販売停止になる以前には、KDPセレクト(Kindle-Uunlimited対象)が認められていた。
しかし、ブロック解除がおこなわれた後には、Amazon側の操作によってKDPセレクトが解除されていた。

底本である『女生徒』はパブリックドメインなので、それを翻案した『女生徒リライト 2015』は、KDPセレクトの適用条件を満たしていないと判断されたのだろう。
Amazonに対して異議申し立てはおこなっていない。藪蛇になりかねないからだ。
妥協したのである。

以上。