結局のところ、トニー・スタークはチーズバーガーを何個食べたのか?

この記事は約2分で読めます。

※画像はすべて映画『アイアンマン(2008年)』から引用している。来たるべき時には「ごめんなさい」する所存であります。

まずはチーズバーガーを食べたい宣言
「テロリストに3ヶ月も監禁されていたので、とりあえずチーズバーガーが食べたい」と述べているトニー・スターク氏。

堀江貴文氏も仮出所したその足で向かったのはマクドナルドだった。刑務所の食事は「薄味」なので、てりたまバーガーの「濃い味」に感激したそうだ。

トニー・スターク氏のみならず、アメリカの大富豪はハンバーガーがお好きらしい。

大富豪の共通点。世界長者番付の上位者がよく食べるもの

では、検証してみよう。

(X+1)個目のバーガー

値「X」は、「バーガーショップから記者会見場までの車内でトニーが食べたかもしれないバーガーの個数」をあらわしている。

アイアンマン-トニーが口元を拭くシーンのキャプチャ画像
食べているシーンは無いけれど、紙のようなもので口元をふいている。

アイアンマン-トニーが手に持っているのがバーガーキングの包み紙であることがわかるシーンのキャプチャ画像
バーガーショップの包み紙であることがわかる。
乗車中に、少なくとも1個、すなわち(X+1)個のチーズバーガーを食べ終えたことが推定できる。

(X+2)個目のバーガー

アイアンマン-トニーがバーガーを紙袋から取り出すシーンーンのキャプチャ画像
ハッピー氏(黒服の男性)が差し出した紙袋から(X+2)個目のチーズバーガーを取り出している。

アイアンマン-トニーがバーガーは残り1個だとウソをついているシーンのキャプチャ画像
オバディア副社長(つるぴか頭)から「私の分は?」と尋ねられるが、いま手に持っている(X+2)個目のチーズバーガーが「(最後の)残りは1つだ」と述べている。

アイアンマン-トニーが歩きながらバーガーを食べるシーンーンのキャプチャ画像
記者会見の部屋に向かって歩きながら(X+2)個目のチーズバーガーを食べ終えたところ。

(X+3)個目のバーガー

アイアンマン-トニーがポケットから隠し持っていたバーガーを取り出すシーンのキャプチャ画像
さきほど「最後の1つだ」と言っていたが、じつは隠し持っていた(X+3)個目のチーズバーガーをポケットから取り出す。

アイアンマン-トニーがバーガーを座って食べているシーンのキャプチャ画像
(X+3)個目のチーズバーガーをひとくち齧った。

(X>1)個目の可能性は?

(X>1)個目に該当するチーズバーガーを食べたとすれば、バーガーショップで購入後に記者会見場へ向かっている移動中が考えられる。

ここからは仮説だが、(X+2)個目のハンバーガを手に取った直後のシーンにヒントが隠されているのでは?

紙袋に注目
ハッピー氏(黒服の男性)における「紙袋の持ち方」に注目する。まだ1個〜2個のバーガーあるいは何かが潜んでいるっぽい持ち方である。

アイアンバーガー問題の結論

そもそも、ジャンクフードに渇望している状態のトニー・スターク氏がハンバーガーショップで注文するとき、たった「3個」や「4個」を頼むだろうか? 日ごろから派手な振る舞いがお好きな御仁である。豪快に10個単位で注文するのではないだろうか? ハッピー氏が持っている紙袋は、じつは「2つめの紙袋」である可能性も考えられる。

すなわち(考察はここで途絶えている)──