// プレビュー画面で非表示にするコード

納品原稿ランキング(フムフム2016年03月に担当したもの)

2016年7月4日

学研ブックビヨンドが運営するコラムメディア「フムフム」に納品した原稿を、月別にランキング形式でまとめた。

2016年3月は、10本のブックコラムを書いた。

第1位(2016.03.03公開)

京都ぎらいが暴露。観光客に知られたくない古都のウラ事情
http://fum2.jp/6858/

取り上げた本


京都ぎらい (朝日新書)
井上章一(著)

寸評

おれが寄稿したコラム史上で、寄せられたコメントが多かったベスト10のうちの一記事である。実際に「京都人から差別的発言を受けた」「洛中の人間にイヤミを言われた」などの証言も得られた。

コラムメディア「フムフム」に寄稿した記事は、Yahoo!が運営するニュースメディア「ネタりか」にも掲載される。井上章一『京都ぎらい』を取り上げた当コラムは、ネタりかにおいてもっともコメント数が多かった。

京都ぎらいが暴露。観光客に知られたくない古都のウラ事情 – ネタりか

第2位(2016.03.21公開)

わたしは「リリカルなのは」を崇拝している
http://fum2.jp/7151/

取り上げた本


魔法少女リリカルなのはA’s (ノーラコミックス)
都築真紀(著)

寸評

2016年上半期における、おれの自信作である。例によって、2ちゃんねるにスレが立った。それを狙って書いたわけではないのだが、なのはについて書いているうちについ熱くなってしまったのである。ちなみにおれはヴィータちゃんも好きである。

【元スレッド】
【コラム】わたしは「リリカルなのは」を崇拝している [無断転載禁止]c2ch.net

【まとめサイト】
【驚愕】『わたしは「リリカルなのは」を崇拝している』とか言うコラム頭おかしくてワロタ

『わたしは「リリカルなのは」を崇拝している』というコラムwwwwwww | やらおん!

【珍報】わたしは「リリカルなのは」を崇拝している←wwwww | ぴこ速(〃'∇'〃)?

みんなの笑いものである。

第3位(2016.03.24公開)

宮沢りえを追いつめた「あの女優」は、10年前に小泉今日子も……
http://fum2.jp/7227/

取り上げた本


すいか 合本版 (河出文庫)
木皿泉(著)

寸評

おれが寄稿したコラム史上で、寄せられたコメントが多かったベスト10のうちの一記事である。例によって「ネタりか」掲載分に反応があった。この視点で宮沢りえを分析しているのは、おれしかいない。ひそかな自信作である。

第4位(2016.03.29公開)

地方創生にまどわされないために読むべき1冊
http://fum2.jp/7310/

取り上げた本


地方は活性化するか否か マンガでわかる地方のこれから
こばやしたけし(著)

寸評

著者のこばやしたけしさんにリツイートしてもらったことによって、多くの読者を得られたコラム記事である。今回取り上げた『地方は活性化するか否か』は、いまでもウェブ上で無料連載されている。書籍化したものは、四コマ形式だったウェブ漫画を「ストーリーまんが形式」に描きなおしている。

第5位(2016.03.07公開)

あなたを強くする「アニメの名言」
http://fum2.jp/6926/

取り上げた本


人生を加速させる二次元名言集~アニメ・ゲームから学ぶ自己啓発~
宮典希舟(著)

第6位(2016.03.10公開)

たけしが談志を演じた『赤めだか』は最高のテレビドラマだ
http://fum2.jp/6789/

取り上げた本


赤めだか (扶桑社BOOKS文庫)
立川 談春(著)

第7位(2016.03.14公開)

ムカつく上司をブン殴るまえに読むべき本
http://fum2.jp/6974/

取り上げた本


召使心得 他四篇 (平凡社ライブラリー824)
ジョナサン スウィフト(著)

第8位(2016.03.17公開)

極限状況で人間はどこまで耐えられるのか?
http://fum2.jp/7088/

取り上げた本


人間はどこまで耐えられるのか
フランセス・アッシュクロフト(著)

第9位(2016.03.28公開)

「施設死」か「在宅死」か。要介護高齢者の苦悩とは
http://fum2.jp/7378/

取り上げた本


ともにくらす 秋田 めぐみの家
秋田魁新報社(著)

第10位(2016.03.01公開)

「マンガの描き方」本を集めている現役漫画家のはなし
http://fum2.jp/6786/

取り上げた本


暇なマンガ家が「マンガの描き方本」を読んで考えた「俺がベストセラーを出せない理由」 (SPA!BOOKS)
上野 顕太郎(著)