// プレビュー画面で非表示にするコード

納品原稿ランキング(フムフム2016年02月に担当したもの)

2018年10月26日

学研ブックビヨンドが運営するコラムメディア「フムフム」に納品した原稿を、月別にランキング形式でまとめた。

2016年2月は、8本のブックコラムを書いた。

第1位(2016.02.04公開)

【祝】鬼畜マンガ『四丁目の夕日』が無修正で電子書籍になった!
http://fum2.jp/6194/

取り上げた本


四丁目の夕日 (扶桑社コミックス)
山野 一(著)

寸評

このコラム記事を書くために、山野一の絶版漫画を書店や古本屋やネットオークションを駆使してあつめた。そしてひたすら読んだ。おれは山野一には思い入れがある。

つんどく速報で担当した最後の仕事が、山野一のインディーズ本『そせじ』のレビューであったからだ。つんどく当時は、すべての既刊に目を通すことはできなかったが、今度こそはと思って、フムフムにて全力で『四丁目の夕日』のブックコラムを執筆した。フムフム寄稿原稿のなかでも屈指の自信作である。

第2位(2016.02.22公開)

国策スローガンは「懸賞公募」で決めればうまくいく
http://fum2.jp/6648/

取り上げた本


たのしいプロパガンダ (イースト新書Q)
辻田真佐憲(著)

寸評

学びがあったコラムである。有名なスローガンである「贅沢(ぜいたく)は敵だ」にまつわる逸話が興味ぶかい。新聞社による国策標語公募に寄せられたフレーズだったのである。国策標語の当選賞金の多くは戦時国債をもって支払わていたようだ。

第3位(2016.02.15公開)

中堅くらいのマンガ家が悩んでいること
http://fum2.jp/6615/

取り上げた本


僕の小規模なコラム集
福満しげゆき(著)

寸評

おれが好きな福満しげゆきのエッセイ集である。どさくさにまぎれて『僕の小規模な生活』の面白さと素晴らしさを3000字にわたって繰り広げるブックコラムを展開するつもりだったが、〆切日まで余裕がなかったので断念した。福満しげゆきのコラム集はもう1冊あるので、いつかやってやろうと企んでいる。

第4位(2016.02.01公開)

マルサよりも怖いリョウチョウ
http://fum2.jp/6284/

取り上げた本


国税局資料調査課 (SPA!BOOKS)
佐藤 弘幸(著)

第5位(2016.02.25公開)

ゾンビにも効く! 家庭用漂白剤はサバイバルの必需品
http://fum2.jp/6696/

取り上げた本


この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかた
ルイス・ダートネル(著)

第6位(2016.02.08公開)

求人広告の「誰にでも簡単にできる仕事」には注意!
http://fum2.jp/6456/

取り上げた本


あやしい求人広告、応募したらこうなった。 人気バイトの裏側「実体験」ルポ (文庫ぎんが堂)
多田文明(著)

第7位(2016.02.11公開)

はしご酒を楽しむ4つの極意
http://fum2.jp/6463/

取り上げた本


突撃!はしご呑み(1)
ラズウェル 細木(著)

第8位(2016.02.18公開)

「キングダム」の人物学
http://fum2.jp/6359/

取り上げた本


「史記」の人物学 (PHP文庫)
守屋 洋(著)