納品原稿ランキング(フムフム2015年06月に担当したもの)

学研ブックビヨンドが運営するコラムメディア「フムフム」に納品した原稿を、月別にランキング形式でまとめた。

2015年6月は、9本のブックコラムを書いた。

第1位(2015.06.29公開)

増えつづける「くりまんじゅう」の傾向と対策
http://fum2.jp/3147/

取り上げた本


宇宙はくりまんじゅうで滅びるか?
山本 弘(著)

寸評

ドラえもんのひみつ道具「バイバイン」について書いた。著者の山本弘は近所のマーケットで「くりまんじゅう」を買ってきて重量や寸法をはかってそれをもとに計算している。じつに愉快な考察だった。出版社はアドレナライズ。さすがの復刊チョイスだ。やはりこの電子書籍専門出版社にはたしかな選択眼がある。

第2位(2015.06.08公開)

「おっさんゴレライ」「えっ、えっ、なんて?」
http://fum2.jp/2850/

取り上げた本


「おっさんレンタル」日記
西本貴信(著)

寸評

ウェブサービス「おっさんレンタル」創業者の自伝について書いた。おわかりのように「すべって」しまったコラムである。元ネタであるラッスンゴレライは、お笑いコンビ「8.6秒バズーカー」のネタであるが、このコラムを書いたときにはブームは終焉を迎えていたはずである。

第3位(2015.06.15公開)

たまごの黄身をしょうゆ漬けにするとメチャうまい
http://fum2.jp/2963/

取り上げた本


ごはんのおとも
たな(著)

寸評

『孤独のグルメ』原作者の久住昌之を、富野由悠季になぞらえている。おれにとって重要な発見を述べているコラムである。機動戦士ガンダムが「日本におけるSFの浸透と拡散」に寄与したように、孤独のグルメがもたらした空前のグルメ漫画ブームとそれによって生み出されたグルメテーマ漫画の豊穣なバリエーションはもっと論じられてしかるべきだと思っている。

第4位(2015.06.04公開)

お正月の箱根駅伝をつまらないと思っている人へ
http://fum2.jp/2813/

取り上げた本


チーム
堂場 瞬一(著)

寸評

駅伝小説といえば三浦しをんの『風が強く吹いている』が有名だが、いかにも女性読者が好みそうな男子友情ファンタジー展開がきつい。男の子であるおれは堂場瞬一の駅伝小説がのほうが好みである。

第5位(2015.06.22公開)

いつか読みたい数百冊の本は「資産」か「負債」か
http://fum2.jp/3063/

取り上げた本


お父さんは時代小説が大好き
吉野朔実(著)

寸評

このコラムを書いたときには著者は存命していた。本にまつわるおもしろいコミックエッセイの描き手がひとりいなくなってしまった。

第6位(2015.06.01公開)

こだわりや執着が強い人は不幸になりやすい
http://fum2.jp/2742/

取り上げた本


読むだけ禅修行 (朝日新聞出版)
ネルケ無方(著)

第7位(2015.06.18公開)

ダイエット食のジレンマ。まずいと続かず、おいしいと痩せない
http://fum2.jp/3050/

取り上げた本


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯
西原 理恵子(著)

第8位(2015.06.11公開)

子どもにもライフハックが必要な時代がやってきた
http://fum2.jp/2897/

取り上げた本


こういうとき、どうするんだっけ 自立のすすめ マイルール
辰巳 渚(著)

第9位(2015.06.25公開)

あなたの人生を変える「納得解」という考えかた
http://fum2.jp/3079/

取り上げた本


たった一度の人生を変える勉強をしよう (朝日新聞出版)
藤原和博(著)

スポンサーリンク