// プレビュー画面で非表示にするコード

感想「サッポロ一番 縁日の焼きそば」あのUFOに匹敵する麺クオリティ

2016年5月16日

カップ焼きそば。矛盾している。お湯で戻して調理するので「焼き」にあらず。正しくは「焼きそば風味の汁なしカップ麺」である。ただし、袋麺の「インスタント焼きそば」であればフライパンを使って調理するので「焼きそば」と名乗ってもよろしい。

そうは言っても、おれは「カップ焼きそば」が好きだ。いまのところ「日清UFO焼きそば」が圧倒的にうまい。油揚げ麺を感じさせない舌ざわり、ソースの濃度、いずれをとっても「日清焼そばU.F.O.」がナンバーワンである。

明星食品の一平ちゃんシリーズを食べる理由があるとすれは、マヨとソースの相性が楽しめるという一点のみである。日清UFOの麺にくらべると、油揚げ麺にありがちな「ぼそぼそ」した食感を克服できていない。

しかし今回、UFOに匹敵する「なめらか舌ざわり」をそなえたカップ焼きそばにめぐり会った。サンヨー食品が販売している『サッポロ一番 縁日の焼きそば』である。食べてみて驚いた。

縁日のやきそばサンヨー食品
おれが購入したのは「西味」である。「東味」もあるらしい。

縁日のやきそばサンヨー食品
調味料は2種類。ソースは液体タイプのみ。

特製ふりかけの内容は「キャベツ、かつお節、煮干しいわし、さば節、ごま、アオサ」である。

「かやく(フリーズドライ野菜)」は、すでに麺の底にセッティングされていた。熱湯をいれて3分待つ。

縁日のやきそばサンヨー食品
お湯を捨てたあとの図。

ソースをかけるまえに麺を食べてみた。しっとり。もちもち。生麺っぽい「ねっとり」した食感である。

縁日のやきそばサンヨー食品
液体ソースをまんべんなく麺にからませる。「特製ふりかけ」を振りかける。

カップ焼きそばにおける「ふりかけ」利用には、いくつか流派がある。ふりかけを投入するタイミング、散布範囲、散布後の所作。人それぞれである。

ふりかけ投入タイミング

A. 半分か1/3くらいになったら使う
B. はじめから全部つかう
C. 使わない。入れ忘れてしまう

ふりかけ散布範囲

D. 中心に
E. 全体的に

今回は、中心にのみ散布した。投入タイミングならびに散布範囲については「マヨネーズ」でも語りうる。

ふりかけ散布後の所作

F. 混ぜずにそのまま食べる
G. 麺全体にからませて食べる

麺全体にからませた場合、ふりかけの風味が薄まってしまう。混ぜずに食べたほうがいい。

おれは B-D-F パターンである。

sanyo-ennichi-yakisoba05
なんとなく物足りなかったので「おとなのふりかけ かつおみりん」を追加投入した。

縁日のやきそばサンヨー食品
さらに、M(マヨネーズ)を追加しようと思ったが、健康上の理由により断念した。

総評「サッポロ一番 縁日の焼きそば 西味」

麺はGOODである。うまい。買いである。しかし、ソース濃度や風味がせっかくの麺に負けているように感じた。つぎに食するときは、別に用意したおれ好みの濃厚ソースによって味付けするつもりだ。

袋麺タイプがある!


サッポロ一番 縁日の焼そば 西味

これは絶対においしいに決まっている。