// プレビュー画面で非表示にするコード

心境

2016年3月20日

ブログで書く理由

第一に、おもしろかったマンガを紹介したいとき、お気軽に「内容(コマ)の引用」をおこないたいから。美少女ゲーム画面のスクリーンショットも。

マンガや映像などの「商業コンテンツ」の一部引用を、有料のセルフパブリッシング(電子書籍)でおこなった場合、Kindleストアなどで販売を継続するのは難しい。

もちろん、ブログでマンガ画像を一部引用するのだって差しつかえがあるけれど、すくなくとも日本のインターネットの現状では、多くの権利者から「お目こぼし」されている実態がある。

CMS選び

WordPress(ワードプレス)
日本語 — WordPress

(ほとんどのレンタルサーバーには「かんたんWordPressインストール」という機能がある)

第一に、使い慣れているからだ。インターネット上にノウハウやトラブル解決情報があふれているため、いつでも検索できて、おれのような不器用な忘れん坊さんでも運用しやすい。

第二に、WordPress「固定ページ」機能が必要だったから。公式ウェブサイトと公式ブログを、おなじドメイン配下で運用したかった。ウェブサイトTOPページには、ポートフォリオやディスコグラフィバイオグラフィ(活動歴)を表示したかった。

「固定ページ」機能は、ほかにもランディングページを作成するために利用できる。レンタルブログサービスでは実現できない。

第三に、ほかのレンタルサーバーに移転するとき、WordPressならばテキストも画像も丸ごとエクスポートできるから。

じつは当初「はてなブログ」に登録して、独自ドメインで運営しようと思っていた。ブログサービスとしては優秀だが、はてなブログは画像のエクスポートが面倒なので、手間いらずのWordPressを選択した。マンガの画像引用をしたいがためにブログ開設した身としては、当然の帰結だった。

レンタルサーバー選び

ミニバード(minibird)
格安・大容量レンタルサーバー 名前はミニでも、ビッグなミニバード

第一に、月額費用がさくらインターネットよりも安い。1ヶ月あたり300円(契約は3か月単位)でWordPressやPHPが使える。ちょっとしたプログラムを設置したいときにも使えるので、おれにとって一石二鳥なのだ。

ロリポップというレンタルサーバーも良いけれど、ミニバードはキャンペーン中につき初期費用1500円が無料だった。料金が発生しない試用期間を経て、利用することを決めた。

「300円/月」のサーバーには不安があるけれど、インターネット上におけるミニバードの評判は必ずしも悪いものばかりではなかった。独自ドメインでWordPress運用なので、なにか差しさわりがあれば丸ごと移転すれば良い。

ブログを消した件について

おれは2015年の秋ごろに全削除した。日本版KDPがはじまったときに開設した「忌川タツヤのブログ(旧名:忌川タツヤのKindleは友達さ!)」や、関連ブログと関連サービスを全て。理由を述べる。

第一に、おれが書き残したKindleやセルフパブリッシングにまつわる情報が古くなっていたからだ。たとえば、KDPロイヤリティの振込にまつわる手数料問題とか。2016年現在では、国内の地銀や信用金庫でもセーフのような気がするが、記事をメンテナンスする気力がなかったのである。当時は。

はてなパワーのおかげで「忌川タツヤのブログ」はGoogleやYahoo!からの検索流入にめぐまれていた。古い情報が検索結果の上位に表示される。あらたにKDPやセルフパブリッシングノウハウを探している人を害したくなかった。という気持ちもあった。

おれがブログを消した当時、いわゆる有名ブロガーのKDP出版ブームがあった。あの人たちならマメに情報をアップデートするだろうと思った。

第二に、情報発信することが無性に恥ずかしくなったからだ。いまも羞恥に苛まれながらブログを再開している。とても恥ずかしい。おれのようなものが。

第三に、べつに消してもインターネットアーカイブとかに残ると思ったから。
【アーカイブ版】http://timagawa.hateblo.jp/

KDPとかセルフパブリッシングとかインディーズとか

あるいはインディ?

いまでも応援したい気持ちはある。けれど、もはや余計なお世話だろう。おれのようなものが訳知り顔で作品感想を述べるのはかえって害のほうが大きい。ノミネート作品を眺めるかぎりでは、今年の広島本大賞(@hirobooktaisho)は『エンジェル・ボール』で決まりだろうけど。

2016年夏までの予定

たぶん、おれは40歳になるまえに病気で死ぬと思う。もうダメだ。近ごろ、とみに生命力が衰えているのを自覚している。残尿感がひどい。2017年まで生き残れるかも定かではない。希死念慮ではなく、ひどく疲れているのだ。今回ばかりは心療内科に行こうかと思っちゃった。リラックスできる筋弛緩作用のおくすりをインターネット個人輸入サイトでポチりそうになった。でも引越した近所に、本格的な博多ラーメンの店があったからギリギリ持ちこたえた。おれのオアシスである。

いずれにせよ35歳になっても何ら成し遂げていないということは才能も実力も何んにもないのである。すなわち朝からグーグーグーであり、墓場で運動会なのである。そう遠くないであろう終わりをむかえる日にそなえて、おれは身じたくを整えることにした。人生の店じまいだ。

公式サイトや当ブログは、遺書のつもりで作った。「~を書く」と口にしたにもかかわらず、いまだに書いていないものが山ほどあるからだ。(とか言って、また世に出さないまま削除しちゃったりして……)