// プレビュー画面で非表示にするコード

クラウドソーシング体験談と感想 8日目

2018年10月26日

クラウドヘルシング・キャット 折羽ル子(作画)

きょうの確定報酬

およそ300円也

きょうの感想

300円の案件。ライティング作業。4時間もかかってしまった。不慣れゆえに。

クラウドソーシング経由のテキストは、「?」マーク、「!」マークの後ろに空白を置かないものが多い。句点と文頭を詰めている。読点(、)が少ないのも特徴である。

推測を述べるならば、ライターの文字数稼ぎを認めないからだと思われる。視認性よりもSEO対策として一定の文字数をいかに安い価格で買い取りたいのだろう。しかし、Googleのクローラーは「読みやすさ」も考慮していると聞いたことがある。

クラウドソーシングのライティング案件をやっていると、「あれ? こんなに調べて書くのなら、自分のブログに投稿したほうが、コンテンツ資本になるのでは?」と気づいた。

なぜ、おれが0.3円ライターや0.5円ライターに甘んじているのか? 就職賤民であるおれには、それ以外のめぼしい稼ぐ手段がないからである。

クラウドワークスもランサーズも、支払いサイトは15日と月末の2回。たとえ数千円でも、通勤を強いられることなく自宅に居ながらにして稼げるのだから、これを試さない手はないだろう。

【ランサーズ】日本最大級のお仕事マッチングサイト!

在宅ワークならクラウドワークス

数時間後に、検収メッセージが届いた。報酬確定。契約を継続してほしいとのこと。了承した。

このクライアントは、メッセージ越しには誠実な印象である。おれから買い取った原稿によって300円の何倍もの利益を得られるのだろう。たとえ300円の仕事といえども褒められれば嬉しいものである。まさに「資本家による搾取のやり口」だ。ケチな仕事ではあるが、せめて儲かっている「衣食足りて礼節を知る」上機嫌なクライアントと仕事がしたいものである。

今月の報酬総額

およそ1,700円也