メモリを買いました。TOSHIBA dynabook R730/W2NA に 204pin DDR3-1333/PC3-10600 DDR3-SDRAM S.O.DIMM 4GB を増設する

TOSHIBA dynabook R730/W2NAのラベル
この記事は約2分で読めます。

メモリ増設したノートパソコン

東芝 TOSHIBA dynabook R730/W2NA

2015年末にインターネットの中古販売店(ジャンクワールド)で購入した。2万2千円。おもにプログラミング用途で使用していた。

CPUは、Core i5 560M/2.66GHz/2コア。メモリは4GB。非力とはいえ使えるヤツである。

TOSHIBA dynabook R730/W2NAの裏ぶたをひらいたところ
これは増設前。

当初はWindows7がインストールされていた。07th Expansion のゲームソフトの動作状況でたとえるならば、『ひぐらしのなく頃に』と『うみねこのなく頃に』は余裕。NScripterの実力を限界まで引き出した『トライアンソロジー~三面鏡の国のアリス~』がギリギリ動作する。トライアンソロジーおもしろいから、みんなプレイしてくれよな!

その後、Linux Mintならば困らないが、Ubuntuを動かすと若干モタついた。Android Studioは動くことは動くけれどビルドがいつまでたっても終わらない(実質は使えない)。WindowsをインストールしていたときはRPGツクールMVならばギリギリ動作した。

買ったメモリ


Team ノートPC用メモリ DDR3 1333MHz PC3-10600 ECOパッケージ (1.5V 4GB)

Amazon.co.jpで購入した。2019-10-27日時点で2480円。アマゾンギフト券で全額をまかなうことができた。

4GB→8GBに増設した結果は?

Chromeのうごきは快適になった。それ以外の体感速度はさほど変わらず。CPUが貧弱なので。

プログラミングするときは、ブラウザでたくさんタブをひらいて調べ物しながら作業するので、学習効率は高まるはず。なによりもイベントとしてのメモリ増設は楽しい。