アロエ果肉の缶詰を食べてみたけれど……物足りない

2016年11月30日

アロエヨーグルトが好きである。

森永 アロエヨーグルト118g 12個

だが、おれは普通のアロエヨーグルトでは物足りない。「大粒アロエ&ヨーグルト」なる商品を食べたことがあるけれど、もうすこしだけ物足りない。

1個で物足りないからといって、続けて2個も3個も食べれば満足するかといえばそうでもない。アロエ果肉とヨーグルトの配分に物足りなさを感じているからだ。ヨーグルトに対してアロエ果肉が足りない。何個食べようとも本質的な物足りなさはぬぐえない。ゆえに我は物足りないのである。

アロエ缶詰の感想

おれのアロエ熱が高まっていたとき。偶然、缶詰売り場に立ち寄った。アロエ果肉のみを封入した缶詰を見つけた。はごろもフーズの商品である。税込みで150円。まよわず購入した。

半透明のアロエ果肉がシロップ液に浸っていた。お恥ずかしい話だが、おれには妙なクセがある。アロエヨーグルトを食べるとき、いったん口にいれたアロエ果肉をしゃぶったあと、手元のスプーンのくぼみの上に「オェッ」と戻すのである。ヨーグルトをかぶっていない「裸のアロエ果肉」を眺めるためだ。鼻をかんだあとにティシューの内側をたしかめる仕草に似ているかもしれない。

アロエ缶では、はじめから果肉が裸である。ぶどう果肉を角切りにしたような色形だった。しゃぶらなくてもアロエちゃんのセクシーな裸体を眺めることができた。

食べた。おれは思うままにアロエ果肉をむさぼった。……物足りない。判断ミスだった。ヨーグルトと食べ合わせてこそのアロエ果肉である。次こそは、ヨーグルトも買ってきて試すつもりだ。

ナタデココでも試したい

アロエ果肉と同様に、おれはナタデココも好きである。ココナッツ汁でつくる寒天のようなものだ。ナタデココの歯ごたえが好きだ。

はごろもフーズには「ナタデココ・ブロック」のみを封入した缶詰がある。アロエ缶とおなじく実売価格は150円前後である。

おれは、とんでもないことを企んでいる。1人分のヨーグルトにアロエ缶とナタデココ缶をまとめてぶちこんだらどうなるのだろうか。おそろしいほどの贅沢である。そのさいに使用するヨーグルトは「明治ブルガリアヨーグルト低糖 200g」を考えている。

近いうちに試してみるつもりだ。続報を待て。

スポンサーリンク