// プレビュー画面で非表示にするコード

マインクラフトで作られた架空都市の設定資料集 -【KDP】 注目の新刊・既刊・無料本

注目の新刊


砂漠の城壁街PROJECT
kodaiko (著)

この本はマインクラフトで作られた、とある架空都市の設定資料集です。
(中略)
本の中では、出来上がった建物の写真だけでなく、
建物同士の関係性などの設定もあわせて書きまとめています。

(『砂漠の城壁街PROJECT』から引用)

マインクラフトをプレイしたことがないけれど、本編中に「座標」の記述がある。引用する。

シード値は、63259273 です。
座標は 1834,93,309でまちの塔最上部に出現できます。
描画距離は12~16チャンクでまちのほぼ全体が見えます。

(『砂漠の城壁街PROJECT』から引用)

本編には、著者による「砂漠の城壁街」についての解説がある。構築にまつわるコラム・エッセイも掲載している。自作マップの設定資料集。ユニークな試み。

ヤバいKDP本


100人で書いた本~道具篇~ (キャプロア出版)
100人共著プロジェクト (著)

『100人共著プロジェクト』の参加エントリー受付です – polca(ポルカ)
参加費用は300円。合同誌の形態を借りたエッセイコンテスト。応募者100人の原稿を収録している。

『100人共著プロジェクト』参加ルールとして定められているのは、掲載を希望する著者は定価200円の『100人共著プロジェクト』を必ず購入しなければならない、というもの。

さらに、参加した著者は、Kindle本『100人共著プロジェクト』に必ずカスタマーレビューを投稿することを義務付けている。2017年12月14日現在、48件のレビューが付いている。

この『100人共著プロジェクト』には賞金が用意されていた。

上記レビューで最も多くの支持を得た方に「書籍の販売開始後1週間の売上の全額(Amazon手数料15%を引いた額)」を、執筆料としてお支払いします。

引用元:100人共著プロジェクト vol.1

100人共著プロジェクト vol.5|きゃっぷ@キャプロア|note にて企画の推移を読むことができる。

優勝者は、副賞として「日本各地の名産品」もゲットしているようだ。

参加した著者に対する購入義務やカスタマーレビュー義務など、ツッコミどころはあるけれど、本人たちは楽しそうでだ。

参加者や関連ツイートを確認できる
100人共著プロジェクト – Twitter検索